フットケアの色々な方法

フットケアとは、お手入れの行き届いた足のケアをし美しくすることや、巻き爪矯正や外反母趾の改善を行うことを言います。

足のむくみの場合は、ふくらはぎの筋肉をしっかり動かして歩くと、血行が良くなり改善することができます。自宅で簡単にできるフットケアの方法は、足首を回したりつま先立ちをして、ふくらはぎをストレッチすることや、入浴時にお湯と水をふくらはぎに30秒づつシャワーであて、それを繰り返す方法があります。

美容のためのフットケアは、角質と爪のお手入れになり、かかとの角質ケアはお湯に足をつけてふやかし、角質が軟らかくなったらフットブラシで縦方向に擦り、石鹸で洗った後クリームをマッサージしながらすり込みます。フットケアサロンでの方法は、高性能のトリートメントマシーンを使ってケアしたり、専用のポリッシャーで足裏やタコ、ひざのざらつきをお手入れしたり、ひざ下のだるさをケアしリフレッシュするオイルマッサージなどがあります。病院でも治療としてフットケアを行っていて、患者さんが増えてきています。

医療機関では、西洋医学における理学療法として行われていますが、最近は東洋医学のあんまや指圧、リンパマッサージなどを組み合わせることも増えています。マッサージをすると、皮膚に対して保湿効果やなめらかさ、発汗の促進、筋肉に対しては緊張をほぐす作用、そして循環器系は血液やリンパの流れを良くして、血行を促進する効果が期待でき、改善につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *